日本臨床皮膚科医会
ログインはこちら

  当医会について   皮膚の病気   医療機関検索   皮膚の日   リンク   会員の方へ  
 
円形脱毛症
とびひ
紫外線による皮膚障害
手足口病
カポジ水痘様発疹症
とこずれ(褥瘡)
凍瘡
皮膚の救急疾患
こどものやけど(熱傷)
りんご病
掌蹠膿疱症
ジベル薔薇色粃糠疹
金属アレルギー
日光角化症
線状皮膚炎
多形滲出性紅斑
あざ
ウオノメと巻き爪
手あれ
口唇ヘルペス
トンズランス感染症
帯状疱疹
乾癬
じんま疹
アトピー性皮膚炎
メラノーマ(悪性黒色腫 ほくろのがん)
にきび(ざ瘡)
水イボ
薬疹
爪白癬
痒みとストレス
しみ
毛虫ひふ炎
疥癬

 

皮膚の病気

さまざまなひふの病気について、症状などをわかりやすく解説しています
しみ

 一口に「しみ」と言っても、皮膚科的には、いろいろな疾患が含まれています。加齢に伴う皮膚の色素沈着である「老人性色素斑」のほか、「後天性太田母斑様色素斑」、「肝斑」等、別の疾患もあり、それぞれ治療法も違います。主な疾患の特徴と治療法について概説します。

1. 老人性色素斑:顔など紫外線によく当たっていた部位に生じやすい褐色斑です。少し盛り上がってかさかさしているものもあり、盛り上がりが大きいと「脂漏性角化症」「老人性疣贅」になります。色の濃いもの、盛り上がりのあるものは、液体窒素で冷凍凝固治療できます(保険診療)。盛り上がりの無いものは、レーザー治療、トレチノインピーリングなどが有効です(自費診療)。
2. 太田母斑・後天性太田母斑様色素斑:どちらも顔にできる黒色〜灰青色の色素斑で、老人性色素斑よりも深いところにメラニンが沈着しているため、レーザー治療をしないと深いところの色は消えません(保険診療)。
3. 肝斑:妊娠中、更年期などに生じる顔、特に頬から目尻のあたりにできる褐色斑です。女性ホルモンの影響によると言われており、ビタミンC、トラネキサム酸の内服や、トレチノインピーリング(自費診療)が有効です。治療により薄くなってもホルモンバランスの変化等で、急に濃くなることもあり、再発が予測できません。

(東京都支部 服部 尚子)


ひふの病気ページトップへ