日本臨床皮膚科医会
ログインはこちら

  当医会について   皮膚の病気   医療機関検索   皮膚の日   リンク   会員の方へ  
 
円形脱毛症
とびひ
紫外線による皮膚障害
手足口病
カポジ水痘様発疹症
とこずれ(褥瘡)
凍瘡
皮膚の救急疾患
こどものやけど(熱傷)
りんご病
掌蹠膿疱症
ジベル薔薇色粃糠疹
金属アレルギー
日光角化症
線状皮膚炎
多形滲出性紅斑
あざ
ウオノメと巻き爪
手あれ
口唇ヘルペス
トンズランス感染症
帯状疱疹
乾癬
じんま疹
アトピー性皮膚炎
メラノーマ(悪性黒色腫 ほくろのがん)
にきび(ざ瘡)
水イボ
薬疹
爪白癬
痒みとストレス
しみ
毛虫ひふ炎
疥癬

 

皮膚の病気

さまざまなひふの病気について、症状などをわかりやすく解説しています
口唇ヘルペス

 口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウィルスが唇に感染して生じる病気です。単純ヘルペスウィルスは唇の他に、眼や鼻の周り、時には外陰部などにも感染しますが、今回は口唇ヘルペスについてお話します。このウィルスは、感染した他人の皮膚に直接、唇が接触することによってうつります。その症状は、数個の水疱(みずぶくれ)がブドウの房のように集まって、ピリピリといったような痛みを感じます。

 原因はウィルスですので、最初は他人から感染し、このときは唇の症状も激しく、高い熱が出ることもありますが、2週間もすればウィルスに対してその力を弱める力、すなわち抗体ができて自然に治ります。ただこのウィルスは一度、人の皮膚に侵入してしまうと、神経の中に居座り続け、いったん作られた抗体の値が下がったときに、再び力を強めて、再発して水疱を作ります。このような再発がどの位の間隔で起こってくるのかは、人それぞれによって個人差があります。

 ウィルスに対して、抗体の値を下げてしまう2つの大きな要素は、紫外線と疲れです。唇は常に紫外線が当たっており、夏の紫外線の強い季節や疲れがひどい時に、よく再発を起こします。風邪をひいた後などの体力が落ちた時に、口唇ヘルペスが出やすいのはそのためです。

 多くの場合、ヘルペスの症状は唇だけに留まりますが、顔にアトピー性皮膚炎などの湿疹がある場合には、「カポジー水痘様発疹症」といって、ヘルペスウィルスが湿疹の症状がある皮膚に感染して、顔中に水疱が拡がってしまい、高い熱が出ることもあります。また口の中に拡がって、食事が摂れないこともあります。

 再発を繰り返す人は、症状が出る前に痛みや痒みなどの違和感が出ることが多いので、おかしいと思ったら、すぐに皮膚科などを訪れることをお勧めします。何もしなくても2週間ぐらいで自然に治りますか゛、症状が重い人、湿疹病変のある人はもちろん、症状の軽い人でも薬を内服したり、外用することにより、症状をより軽くすることができ、また短い期間で治すことができます。

 唇に水疱ができたり、ピリピリした痛みが出たときには、早めに皮膚科を受診して下さい。

(兵庫県支部 法貴 憲)


ひふの病気ページトップへ